č¨ŧしãƒŧキãƒĒ゚トとぎå‡ēäŧšã„ãƒŧ

äģĨ下はį§ãŒ2016嚴ぎ初頭ãĢ書いたもぎ。

äŊã€…木æē€į”ˇåŧč­ˇåŖĢã‹ã‚‰ã€Œãœã˛č¨ŧしを書いãĻください」とぎことだãŖた。

į§ã¯åŊ“時į”Ÿã‘ã‚‹åąã§ã‚ãŖたが、書きįļšã‘た。å‡ē勤前と垌、朝晊ぎé›ģčģŠãŽä¸­ã§ã€‚

全部でA4į”¨į´™ã§100枚äģĨ上ãĢãĒãŖた。ãƒŧそぎįŦŦīŧ‘įĢ ãƒŧ

原æœŦ通り、原名をå‡ēす。いつかčĒ°ã‹ãŒå…ƒæ°—ãĨけらるãĒらいいでしょう。ã‚ĸãƒŧãƒĄãƒŗ

兄åŧŸãŸãĄã¯ã€å­įžŠãŽčĄ€ã¨ã€č‡Ēåˆ†ãŸãĄãŽč¨ŧしぎことばぎゆえãĢįĢœãĢæ‰“ãĄå‹ãŖた。åŊŧらはæ­ģãĢč‡ŗるぞでもč‡Ēåˆ†ãŽã„ãŽãĄã‚’æƒœã—ãžãĒかãŖた。《ヨハネぎéģ™į¤ē録12:11》

č¨ŧし  國分 光åšŗ

į§ã¯ã€īŧ—äēēåŽļ族ぎåŽļãĢč‚˛ãĄãžã—ãŸã€‚į§ã¯é•ˇį”ˇã§ã€äēŒäēēぎåĻšãŒã„ぞす。
įĻåŗļぎäēŒæœŦ杞市ぎį”°čˆŽã§į”Ÿãžã‚Œīŧ‘īŧ™åš´į”Ÿæ´ģしぞした。

į§ã¯ãŠã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“ã¨ãŠã˜ã„ãĄã‚ƒã‚“ãŒå¤§åĨŊきでした。
įˆļã¯čˇã‚’čģĸ々とし、į§ãŒä¸­å­ĻäēŒåš´ãŽã¨ããĢéƒĄåąąã§ãŠåŧåŊ“åą‹ã‚’ã¯ã˜ã‚ãžã—ãŸã€‚
お母さんは手äŧã„たくãĒかãŖたそうですが、äģ•æ–šãĒくäēŒäēēでおåŧåŊ“åą‹ã‚’ã™ã‚‹ã“ã¨ãĢãĒりぞした。これはį§ãŒå¤§å­Ļ卒æĨ­åžŒãžã§įļšããžã—たが、最垌は倒į”ŖというåŊĸでįĩ‚わりぞした。借金はもうčŋ”済しãĻいぞす。

į§ãŒå¤§ãããĒるãĢつれãĻ、åŽļåē­ãŽå•éĄŒã¯å¤§ãããĒãŖãĻいきぞした。
ãŋんãĒäģ˛ãŒæ‚ĒくãĒãŖãĻいãŖたぎです。į‰šãĢįˆļとぎé–ĸäŋ‚がæ‚ĒくãĒãŖãĻいきぞした。
それでも、äŊ•ã¨ã‹åŽļ族一įˇ’ãĢéŖŸäē‹ã‚’しãĻいぞしたし、最äŊŽé™ãŽį§Šåēã¯ã‚ãŖたとは思いぞす。
äģŠæ€ã†ã¨ã€įˆļや母ぎį™ēč¨€ã‚„čĄŒå‹•ãĢより、とãĻもč‡ĒäŋĄæ„ŸãŽãĒい子䞛ãĢč‚˛ãĄãžã—ãŸã€‚į‰šãĢįˆļからはあぞり愛情を受けãĒかãŖたと思いぞす。そぎäģŖり、įĨ–įˆļ母からはたくさんぎ愛を受けたと思いぞす。

小å­Ļį”ŸãŽé ƒã‹ã‚‰äēēä¸€å€ã¨ã‚‚ã ãĄã¯å¤šãã€æ˜Žã‚‹ã„å­ã§ã—ãŸã€‚ã—ã‹ã—ã€į§ã¯ä¸­å­ĻäēŒåš´į”ŸãŽæ™‚ãĢį™ģæ Ąæ‹’åĻをしぞした。大きãĒå‚ˇã¨ãĒりぞした。
一čˆŦčŠĻ験でįœŒįĢ‹éĢ˜æ ĄãĢčŊãĄãžã—ãŸã€‚ãžã•ã‹ã§ã—ãŸã€‚åŊ“時ぎéĸæŽĨぎčŠĻ験įŽĄãŒã€į§ãĢãĒぜこぎようãĢæŦ å¸­ãŒå¤šã„ぎかとčŗĒå•ã—ã€é•ˇã„æ˛ˆéģ™ãŒã‚りぞした。į­”えられãĒかãŖたぎです。それがéŸŋいたと思いぞす。

åŽļãĢ帰りį›ŽãŽå‰ãŒįœŸãŖ暗ãĢãĒりぞした。
åŽļぎåē­ã§ã€ŒįĨžæ§˜åŠŠã‘ãĻãã ã•ã„ã€ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚

įŋŒæ—Ĩ、中å­ĻãĢいき、担äģģぎ先į”Ÿã¨čŠąã—ぞした。īŧ•äēēくらいがéĢ˜æ ĄãĢčŊãĄãĻ集ぞãŖãĻいぞした。
äēŒæŦĄå‹Ÿé›†ãŽæĄˆå†…ã‚’čĻ‹ãžã—た。īŧ‘名、īŧ’名ãƒģãƒģãƒģã€é›˛ã‚’ã¤ã‹ã‚€ã‚ˆã†ãĒčŠąã§ã—ãŸã€‚
それでも、遠斚ãĢã‚ã‚‹č–å…‰å­Ļé™ĸéĢ˜æ ĄãĢ晎通į§‘č‹Ĩåš˛åã¨ã„ã†æĄˆå†…ãĢå¸Œæœ›ã‚’æŒãĄãžã—ãŸã€‚
しかし、ぞたį§ãŽå†…į”ŗ書がåŊąéŸŋしãĻčŊãĄã‚‹ã¨æ€ã„ãžã—ãŸã€‚

éšŖãŽæ Ąé•ˇåŽ¤ãĢã„ãŸæ Ąé•ˇãŒį§ã‚’一äēēã ã‘éƒ¨åą‹ãĢå‘ŧãŗぞした。
「國分くん、į§ã¯ã‚ãĒたがå„ĒしくãĻぞじめãĒå­Ļį”ŸãĒことをįŸĨãŖãĻいるãƒģãƒģãƒģ」
こんãĒčŠąã§ã—ãŸã€‚
「æœŦåŊ“はいけãĒいぎだが、わたしがあãĒたぎ内į”ŗ書を書きį›´ã—ぞした。æŦ å¸­æ—Ĩ数はīŧ’、īŧ“æ—ĨãĢãĒãŖãĻã„ã‚‹ã€‚ã ã‹ã‚‰čƒ¸ã‚’åŧĩãŖãĻčŠĻ験ãĢč‡¨ã‚“ã§ãã ã•ã„ã€ã¨éˆ´æœ¨æ Ąé•ˇã¯č¨€ãŖたぎです。
äŋĄã˜ã‚‰ã‚Œãžã›ã‚“でした。
そしãĻ、į§ã¯č–å…‰å­Ļé™ĸéĢ˜æ Ąã‚’受験しぞした。
キãƒĒ゚ト教į˛žįĨžãŽéĢ˜æ Ąã§ã™ã€‚éĸæŽĨåŽ˜ãŒã€Œæˆ‘ãŒæ Ąã§ã¯ã€æ¯Žæ—Ĩį¤ŧ拝がありぞすが、参加できぞすかīŧŸã€ã¨ã„うもぎもありぞした。į§ãŽæŦ å¸­ãŽã“ともéĸæŽĨã§čžã‹ã‚Œãžã›ã‚“ã§ã—ãŸã€‚
そしãĻ、čĻ‹äē‹ãĢ晎通į§‘ãĢ合æ ŧしぞした。
åŦ‰ã—かãŖたです。

そぎ垌、三嚴間通いぞした。į§ã¯ä¸­å­ĻäēŒåš´ãŽæ™‚ぎ勉åŧˇãŒæŠœã‘ãĻしぞãŖたこともあり、勉åŧˇãŒã§ããĒいäēēãĢãĒãŖãĻいぞした。ぞた、勉åŧˇã‚’しãĒいäēēãĢãĒãŖãĻいぞした。するåŋ…čĻã¯æ„Ÿã˜ãĻいãĻ、毎æ—Ĩ、ãģãŧ全教į§‘書をもãŖãĻ帰厅したぎですが、įĩåą€æ¯Žæ—Ĩ開かãĒかãŖたぎです。

一嚴į”ŸãŽæ™‚ãĢã€ã€Œč–æ›¸ã€ã¨ã„ã†æ™‚é–“ãŒé€ąãĢ一時間ありぞした。į§ã¯åĨŊきでした。
äŧŠé”ãĢあるæ—ĨæœŦキãƒĒ゚ト教å›ŖãĢæ‰€åąžã—ãĻいる小野先į”Ÿã¨ã„うåĨŗ性ぎ先į”ŸãŒč–書を教えぞした。パã‚Ļロぎ「回åŋƒã€ã€ä¸ģぎįĨˆã‚Šã‚’教わãŖãŸč¨˜æ†ļがありぞす。
そぎ先į”Ÿã¯įŋŒåš´ãĢäŊ“čĒŋがæ‚ĒくãĒã‚Ščžžã‚ãŸã¨æ€ã„ãžã™ã€‚
äēŒåš´į”ŸãĢãĒãŖたとき、į‰Šį†æ‹…åŊ“ぎ三æœŦ杞という先į”ŸãŒã‚„ãŖãĻきぞした。そぎ先į”ŸãŒä¸€åš´é–“ãĢīŧ“回くらいčĒŦ教をしぞした。īŧ“īŧæ­ŗくらいで「ハãƒŦãƒĢヤ」とゎã‚ŋãƒŧをåŧžãå…ˆį”Ÿã§ã€ã‹ãĒりイãƒŗパクトがありぞした。
į§ãŒäēŒåš´į”ŸãŽã‚る時ãĢ、三æœŦ杞先į”ŸãŒã€ã€ŒįĨžæ§˜ãŒįĨˆã‚ŠãĢį­”えãĻくださる三つぎį­”ãˆã€ãŒã‚ã‚‹ã¨ã„ã†ã‚‚ãŽã§ã—ãŸã€‚ã€ŒåžĄåŋƒãĒã‚‰ã€ã¯ã„ã€‚åžĄåŋƒã§ã¯ãĒく、æŦ˛ã‹ã‚‰å‡ēたもぎãĒら、いいえ。
あãĒたãĢはもãŖとよいもぎがあるが、それãĢは少し時がåŋ…čĻã§ã™ã€‚あるいはåˆĨãĒもãŖã¨ã‚ˆã„ã‚‚ãŽãŒã‚ã‚‹ã‹ã‚‰ã€ãĄã‚‡ãŖã¨åž…ãĄãĒさい」というもぎでした。
ããŽãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジãĢã¯æ˛šæŗ¨ãŽãŒã‚りぞした。感銘を受け、įĨžæ§˜ã¯įĸēかãĢ存在されるかもしれãĒいというåŧˇįƒˆãĒイãƒŗパクトを受けぞした。教厤ãĢæˆģãŖた時ãĢ、クナ゚ぎå­Ļį”Ÿã‚‚、担äģģぎ先į”Ÿã‚‚į›¸åŊ“ãĒ霊įš„イãƒŗパクトを受けたようで、「įĨžæ§˜ã„るかもれãĒいと思ãŖãŸã€ã¨č¨€ãŖãĻいぞした。
そぎ垌時はæĩã‚Œãžã—た。あぎ時äģĨ上ぎことはありぞせんでした。

īŧ“嚴がįĩ‚わり、į§ã¯å—験ãĢすずãĻčŊãĄãžã—ãŸã€‚
åŽļč¨ˆãŽã“ã¨ã‚‚ã‚ãŖたぎですが、į§ã¯æĩĒäēēすることãĢæąēめぞした。
įˆļはį§ãŒæąäēŦã§æ–°čžé…é”ã‚’ã—ãĻäēˆå‚™æ ĄãĢ通うことを勧めぞした。įˆļは一äēēã§æąäēŦãŽæ–°čžé…é”æ‰€ã‚‚æąēめãĻきぞした。しかし、į§ã¯ãã‚Œã¯ä¸åŽ‰ã§åŋƒã‹ã‚‰åĢŒãŒã‚Šãžã—た。
įĻåŗļぎ比čŧƒįš„厉い小さãĒäēˆå‚™æ ĄãĢ通うことãĢãĒりぞした。それでも、大å­Ļはお金がãĒいからいけãĒã„ã‹ã‚‚ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚
į§ã¯ä¸­å­Ļぎ先į”ŸãĢãĒりたいと思ãŖãĻいぞした。į™ģæ Ąæ‹’åĻã‚‚ã—ãŸã—ã€ããŽå­äž›ãŸãĄãŽåŋƒãŒį†č§Ŗできると思ãŖたからです。

č–å…‰å­Ļé™ĸからäēˆå‚™æ ĄãĢčĄŒãäēēはぞれでした。ãģã¨ã‚“ãŠã¯å°ąčˇã§ã€æ™‚ã€…å°‚é–€å­Ļæ Ąã§ã€ã‚ã¨ã¯æŽ¨č–ĻでキãƒĒ゚ト教įŗģぎ大å­ĻãĢいくというもぎでした。

äēˆå‚™æ ĄãĢはįŸĨらãĒいäēēã°ã‹ã‚Šã§ã€čĄŒãå¸°ã‚Šä¸€č¨€ã‚‚čŠąã•ãĒいæ—Ĩがãģとんおでした。
åŊ“時ぎäģŖã‚ŧミぎ「原æŗä¸­įļ™ã€ã‚’čĒ­ãŋ勉åŧˇã—、å­ĻåŠ›ã¯ä¸æ€č­°ã¨ä¸ŠãŒãŖãĻいきぞした。

そんãĒくらいäēˆå‚™æ Ąį”Ÿæ´ģでしたが、さらãĢčž›ã„ã‚‚ãŽãĢしたぎは、åŽļ族ぎ中がもãŖとæ‚ĒくãĒãŖãĻいãŖたことでした。とくãĢ、įĨ–įˆļ母ぎį”Ÿæ´ģ様åŧãŽé•ã„から、一įˇ’ãĢéŖŸå“ã‚’å›˛ãžãĒくãĒりぞした。それはį§ãĢとãŖãĻã‚ˇãƒ§ãƒƒã‚¯ã§ã—ãŸã€‚į§ã¯ã€č‡Ē分ぎごéŖ¯ã‚’ã‚‚ãŖãĻįĨ–įˆļæ¯ãŽéƒ¨åą‹ãĢいきそこでごéŖ¯ã‚’éŖŸãšãžã—た。時々、そこで一įˇ’ãĢ寝ぞした。
į§ã¯å°ã•ã„é ƒã‹ã‚‰ãŠã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“ãŒå¤§åĨŊきでした。
īŧˆä¸­å­Ļぎ時ãĢ「僕は明æ—Ĩæ­ģãŦ」とéšŖãĢ寝ãĻいるįĨ–母ãĢčŠąã—ãŸã¨ããĢ、įĨ–母はį§ãŽæ‰‹ã‚’æĄã‚Šã€Œæ­ģãŦãĒ、æ­ģãŦãĒらį§ã‚‚一įˇ’ãĢæ­ģãŦã€ã¨č¨€ãŖãĻくれぞした。į§ã¯æ°—ãĨかれãĒいようãĢæŗŖきぞした。
æ­ģãŦぎはやめようと思いぞした。ãƒģãƒģãƒģįĨ–母とはこぎようãĒ友情ぎようãĒことがたくさん思いå‡ēãĢありぞすīŧ‰ã€‚

å­¤į‹ŦãĒæĩĒäēēį”Ÿæ´ģでした。もしį§ãŒå¤§å­ĻãĢčĄŒãã¨ãĒれば、それはįžåŽŸįš„ãĢäģ™å°ã‹æąäēŦãĢãĒりぞす。į§ãŒã„るときãĢ、åŽļ族がäģ˛č‰¯ããĒãŖãĻãģã—ã„ã¨éĄ˜ã„ãžã—ãŸã€‚å°‘ãĒくともįĨ–įˆļ母が嚸せãĢ暎らせるåŽļåē­ãĢするという思いが暧き上がãŖãĻきぞした。
そぎためãĢ、į§ã¯æ¯ã‚„åĻšã¨ãļつかりぞした。
åŽļ族äŧšč­°ãŋたいãĒこともありぞした。į§ãŒåŽļをéŖ›ãŗå‡ēたこともありぞした。

そんãĒį”Ÿæ´ģぎ中で、「įĨžæ§˜ã¯æœŦåŊ“ãĢいるぎだろうかīŧŸã€ã¨ã„う思いãĢ囚われぞした。æœŦ気でæŽĸしたäēēãĒおいãĒいぎではãĒいだろうか。では、į§ã¯æœŦ気でæŽĸそう、というįĩčĢ–ãĢいたりぞした。čĻšãˆãĻいる〝ä¸ģぎįĨˆã‚Šã€Ÿã‚’å‘Šį™Ŋし始めぞした。
毎æ—Ĩ、大きãĒ変化はãĒかãŖたぎですが、ぎりぎりぎé›ģčģŠãĢäš—ã‚ŒãŸã‚Šã€ä¸æ€č­°ã¨å­Ļ力が上がãŖたり、į”Ÿæ´ģぎ中でäŊ•ã‹ãĄã‚‡ãŖとした変化がįĨžæ§˜ãŽå­˜åœ¨æ„Ÿã‚’įžåŽŸįš„ãĢ原感するようãĢãĒãŖãĻいきぞした。įĸēかãĢäŋĄäģ°ãŒåĸ—しãĻいきぞした。

ãƒģãƒģãƒģčŠąã¯éŖ›ã°ã—ぞす。
äēˆå‚™æ ĄãĢčĄŒãå‰ãŽã‚ã‚‹æœã§ã™ã€‚į§ã¯ãžãŸæ¯ã¨ãļつかりぞした。
「おうしãĻãŠæ¯ã•ã‚“ã¯ãŠã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“ã¨äģ˛č‰¯ãã§ããĒいぎか」
「それはできãĒい。あãĒたが大きくãĒãŖたわかること」
「į§ãŒåŽļ族をãĒかよくできるようãĢしãĻいるぎがわからãĒいぎか」
「į§ãĢはできãĒい。į„Ąį†ã ã€ã¨ã„うčŋ”äē‹ãŒčŋ”ãŖãĻきぞした。
į§ã¯æ€’りぞした。そんãĒときãĢäēŒéšŽã‹ã‚‰į§ãŽå¤§åŖ°ã‚’čžã„ãŸįˆļがやãŖãĻきぞした。
「お前はぞた大äēēをéĻŦéšŋãĢしãĻいるぎか」
į§ã¯ãĒんとčŋ”äē‹ã—たかäģŠã¯čĻšãˆãĻいぞせん。
įˆļã¯čŠąãŽæœ€åžŒãĢ、į§ãŽčƒ¸ãã‚‰ã‚’つかãŋãĒがら「äŋēは昔からお前ぎことがåĢŒã„だãŖたんだ」といいぞした。
į§ã¯å¤§æŗŖきしぞした。įĸēかãĢそうだと思ãŖたぎと、įˆļがついãĢ言ãŖたと思ãŖたからです。
į§ã‚‚įˆļãŽčƒ¸ãã‚‰ã‚’ã¤ã‹ãŋčŋ”しぞした。
そこãĢį§ãŽæŗŖきåŖ°ã‚’čžã„ãŸįĨ–įˆļ母がやãŖãĻきぞした。įĨ–母はå„ĒしいåŖ°ã§ã€Œį§ãŽã“とで喧嘊しãĒいでください。į§ãŸãĄã¯ã‚‚ã†é•ˇããĒいし、大丈å¤Ģだから。もうやめãĻください」
そんãĒéĸ¨ãĢč¨€ã„ãžã—ãŸã€‚

į§ã¯ã‚‚うäģŠæ—Ĩã¯éƒ¨åą‹ãĢ閉じこもろうとしぞしたが、įˆļã¯ã€ŒčĄŒãŖãĻæĨã„ã€ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚
įĩåą€į§ã¯ã€æŗŖきåĢãŗãĒがら、いつもぎäēŒæœŦ杞駅ぎある斚向へ、é˜ŋæ­ĻéšˆåˇãĢかかるéĢ˜į”°æŠ‹ã¸ã¨å‘かãŖãĻč‡ĒčģĸčģŠã‚’čĩ°ã‚‰ã›ãžã—た。

ãĒぜįĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ãŸãŽãĢこうãĒãŖãĻしぞãŖたぎだろう。
į§ãŽå‹äēēだãŖた鈴木くんは、įĨžã‚’äŋĄã˜ãĒいし、冗čĢ‡ã ã¨ã—ãĻもč‡Ē分中åŋƒãĢ世ぎ中は回ãŖãĻã„ã‚‹ã¨ã‚‚č¨€ãŖãĻいたし、大å­Ļも合æ ŧし、ã‚ĸãƒĢバイトもしãĻいãĻ、åŽļ族はäģ˛ã‚‚よい。

それãĒぎãĢį§ã¯ã€‚
äģŠãžã§ãŽæ™‚間はäŊ•ã ãŖたぎだろうかと思いぞした。
įĨžæ§˜ã€ãŠã†ã—ãĻですか。įĨžæ§˜ã€ãŠã†ã—ãĻですか。æŗŖきåĢãŗぞした。
įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ãĻきたが、すずãĻが台į„Ąã—ãĢãĒり、こんãĒįĩæžœãĢãĒãŖたと思いぞした。

もうįĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ã‚‹ãŽã‚’やめようかとぎ思いがやãŖãĻきぞした。おうしよう。
こう思いぞした。įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ã‚‹ãŽã‚’やめたらäģŠåžŒã‚‚äŋĄã˜ã‚‹ã“とはãĒくãĒるだろう。
しかし、いぞここでäŋĄã˜ã‚‹ã“とをやめãĒいぎであれば、äģŠåžŒã‚‚įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ã‚‹ã“とができるだろう、と。
これはとãĻもįŸ­ã„æ•°į§’間ぎことでした。
そしãĻ、į§ã¯ãã‚Œã§ã‚‚įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ã‚ˆã†ã€ã¨æ€ã„ぞした。
「į§ã¯ãã‚Œã§ã‚‚įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ãžã™ã€‚ã€ããŽč¨€č‘‰ãĢč‡Ē分で感動もし、äŊ™č¨ˆãĢæŗŖけãĻきぞした。
しかし、æŦĄãŽįžŦ間、įĩļ望がį§ã‚’čĨ˛ã„ぞした。

しかし、įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ãĻおうãĒるぎだろう。äģŠãžã§ã‚‚変わらãĒかãŖたし、äģŠåžŒã‚‚ぞた同じį”Ÿæ´ģãĒぎだろうか。įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ã‚‹ã¨ã„ãŖãĻも、įĨžæ§˜ãŖãĻ一äŊ“ãĒんãĒんだろう。įĩåą€ã€įĨžæ§˜ãŽã“とが全くわからãĒい。įĩåą€äŊ•ã‚‚変わらãĒいではãĒいか。おうしよう。
äŋĄã˜ãŸã„ぎãĢãƒģãƒģãƒģ。
éĢ˜į”°æŠ‹ãĢåˇŽã—æŽ›ã‹ã‚Šãžã—ãŸã€‚č‡ĒčģĸčģŠã¯é•ˇã„坂道を下ãŖãĻきぞした。
大æŗŖきしãĻã„ãžã—ãŸã€‚å¤Šå€™ã¯æ°—æŒãĄãŽč‰¯ã„æ™´ã‚Œã§ã—ãŸã€‚
éĢ˜į”°æŠ‹ã¯é•ˇã„抋です。抋ãĢåˇŽã—æŽ›ã‹ã‚Šä¸Šã‚Šå§‹ã‚ãžã—ãŸã€‚
抋ぎ下ãĢé˜ŋæ­ĻéšˆåˇãŒæĩã‚ŒãĻいぞす。į›ŽãŽå‰ãĢčĻ‹ãˆã‚‹ãŽã¯ã€åŽ‰é”å¤Ēč‰¯åąąã§ã™ã€‚ãã—ãĻč‡Ēį„ļがįžŽã—くčĻ‹ãˆãžã—た。そしãĻ、すぐわきをéŗĨがįĸēか一įžŊ、゚ã‚ēãƒĄã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ãŒéŖ›ã‚“でいきぞした。č‡Ēį„ļがįžŽã—くãĻ、įĨžæ§˜ã¯ã„るという思いが暧き上がãŖãĻきぞした。
åļį„ļãĢこぎ世į•ŒãŒå­˜åœ¨ã™ã‚‹ã‚ã‘はãĒいと思いぞした。

æŦĄãŽįžŦ間、わたしはついãĢ大åŖ°ã§åĢãŗぞした。
「į§ã¯ã‚¤ã‚¨ã‚šãƒģキãƒĒ゚トをäŋĄã˜ãžã™ã€
「あãĒたがįĨžæ§˜ã ãŖたんですね。ずãŖとį§ãŽã“とčĻ‹ãĻいãĻくれたんですね。」
そぎ時、į§ãŽčƒŒåžŒãĢイエ゚ãƒģキãƒĒ゚トがおられることを存在をįĸēäŋĄã—ぞした。
そしãĻ、į§ãŽäŊ“はį•°å¸¸ãĢį†ąããĒãŖãĻį‡ƒãˆãĻいるようãĒ感čĻšãĢãĒりぞした。
īŧˆį§ã¯ã“ういいぞした。イエ゚ãƒģキãƒĒ゚トãĒんですね。あãĒたがįĨžæ§˜ã ãŖたんですね。į§ã¯ã¤ã„čĒŋ子ãĢぎãŖãĻしぞい、あãĒたがイエ゚さんãĒã‚“ã§ã™ã­ã€‚ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚
åŋƒãĢč˛ŦめがやãŖãĻきãĻ、すãŋぞせん。ごめんãĒさい。といいぞした。īŧ‰
夊äŊŋãŒä¸ĄéšŖãĢいるぎがわかりぞした。「あãĒたが夊äŊŋ君ãĒんですね。åŦ‰ã—いです」。į‰šãĢåˇĻ側ãĢいた夊äŊŋからもぎすごい力を感じぞした。īŧˆã—かし、夊äŊŋはį›ŽãĢはčĻ‹ãˆãžã›ã‚“でした。īŧ‰
čēĢäŊ“がį‡ƒãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĢį†ąã„ぎで、「イエ゚様、これはいãŖたいäŊ•ãĒんですか」といいぞした。
įžŦ間、éĢ˜æ ĄãŽæ™‚ãĢ、äŊ•ã‹ãŽé›†äŧšãŽæœ€åžŒãĢよく歌ãŖãŸčŽƒįžŽæ­ŒãŒæ€ã„å‡ēされ、į›´æ„Ÿįš„ãĢ分かりぞした。「夊地こぞりãĻ、かしこãŋã€ãŸãŸãˆã‚ˆã€‚åžĄæĩãŋあãĩるる、įˆļã€åžĄå­ã€åžĄéœŠã‚’ã€
ã“ã‚Œã¯č–éœŠã ã¨įŸĨりぞした。そしãĻ、įĨžæ§˜ãŽåå‰ã¯ã€Œä¸ģ」だということがį›´æ„Ÿįš„ãĢįĸēäŋĄã¨ãĒãŖãĻį§ãŽé ­ãĢやãŖãĻきぞした。
「やãŖたãƒŧ、åŦ‰ã—いです」į§ã¯č¨€ã„ãžã—ãŸã€‚ã€Œã“ã‚ŒãŒč–éœŠãĒんですね」。éĢ˜į”°æŠ‹ã‚’下り始めãĻいぞした。そぎ時、į§ã¯ã€Œį§ãĢは希望がãĒいんです。おうį”ŸããĻいいかわかりぞせん。おうかįĨžæ§˜ã€į§ãĢ希望をください、希望がãĒいんです。希望をください」と厉達å¤Ēč‰¯åąąã‚’čĻ‹ãĒがらæŗŖきåĢãŗぞした。これはį§ãĢとãŖãĻ全くäēˆæœŸã—ãĻいãĒã„č¨€č‘‰ã§ã—ãŸã€‚ã—ã‹ã—ã€æœŦåŊ“ãĢそうだという原感がåŋƒã¨ä¸€č‡´ã—ぞした。
力がæēĸれãĻį†ąã„ぎで、ドナゴãƒŗボãƒŧãƒĢぎå­Ģ悟įŠēぎようãĢãĒãŖたと思いぞした。「はあああãƒŧã€ã¨č¨€ãŖãĻ坂を下ãŖãĻいきぞした。

čĢ¸äēēこぞりãĻぎčŗ›įžŽã‚’æ­ŒãŖãĻãŋぞした。ãģかãĢã‚‚ã†ä¸€æ›˛ã‹äēŒæ›˛ã€įŸĨãŖãĻいたčŗ›įžŽãŽãƒ•ãƒŦãƒŧã‚ēを歌ãŖãĻãŋぞした。īŧˆčĢ¸äēēこぞりãĻぎ一į•ĒとäēŒį•ĒくらいをįŸĨãŖãĻã„ã‚‹æ­ŒčŠžã§æ­Œã„ãžã—ãŸã€‚ããŽč¨˜æ†ļがありぞすīŧ‰ã€‚
そしãĻ、į›Žã‚’įœŸãŖčĩ¤ãĢč…ĢらせãĒがらé›ģčģŠãĢ䚗りぞした。į§ã¯æ™Žé€šãĢäēˆå‚™æ ĄãĢčĄŒããžã—ãŸã€‚

åŽļãĢ帰ãŖãĻきぞした。一äŊ“äģŠæ—Ĩぎå‡ēæĨäē‹ã¯äŊ•ã ãŖたぎだろう、母ãĢ言ãŖãĻãŋようかとおもいぞしたが、やめãĻしぞいぞした。
ä¸æ€č­°ãĒå°čąĄã ã‘ãŒã¤ã‚ˆãæŽ‹ãŖãĻいぞした。
éƒ¨åą‹ãĢå…ĨãŖãĻ少しįĨˆãŖãĻãŋようとおもいぞした。
čˇĒいãĻ、čģŊã„æ°—æŒãĄã§į°Ąå˜ãĢįĨˆã‚ã†ã¨æ€ã„ぞした。
ã™ã‚‹ã¨ä¸æ€č­°ãĒことãĢæļ™ãŒå‡ēãĻきãĻ、åŖ°ã‚‚だしãĻ一į”Ÿæ‡¸å‘ŊįĨˆã‚Šãžã—た。すぐãĢ悔い攚めぎįĨˆã‚ŠãĢãĒり、į§ãŽį”Ÿæļ¯ã§äģŠãŽã¨ã“ろ、最初で最垌かもしれぞせんが、頭ぎ中ãĢ映像がきぞした。それは中å­Ļį”ŸãŽæ™‚ぎ道åžŗぎ授æĨ­ã§ã—た。

担äģģぎæœŦ間先į”ŸãŒã€ã€Œã“ぎ中でįŊĒをįŠ¯ã—たことがあると思うäēēは手を挙げãĻください。」とãŋんãĒãĢã„ã„ãžã—ãŸã€ã™ã‚‹ã¨å…¨å“ĄãŒæ‰‹ã‚’æŒ™ã’ãŸãŽã§ã™ãŒã€į§ã¯æŒ™ã’ãĒかãŖたぎです。友達がお前、įŊĒをįŠ¯ã—たことがãĒいぎかよ、嘘つけ、というようãĒことをį§ãĢいãŖたぎですが、į§ã¯ã€Œã„ã‚„äŋēはæ‚ĒいことしãĻいãĒいよ」というようãĒčŋ”äē‹ã‚’したぎです。それは、įĸēかãĢ過åŽģãĢ原際ãĢあãŖた授æĨ­éĸ¨æ™¯ã§ã—た。それをä¸ģは思いå‡ēさせたぎです。į§ãŽåŋƒãĢもぎすごいč˛ŦめがやãŖãĻきぞした。ずãŖとį§ã¯ã‚ˆã„äēē、æ­Ŗしいäēēという思いがありぞした。
しかし、それはįĨžæ§˜ãŽé ˜åŸŸã§ã™ã€‚そぎ思いはį§ãŒįĨžæ§˜ã¨åŒã˜įĢ‹å ´ãĢãĒãŖãĻいるということをį¤ēされぞした。大きãĒč˛ŦめがåŋƒãĢやãŖãĻきãĻ、こぎįŊĒはæŽēäēēよりも重いįŊĒだということがį›´æ„Ÿįš„ãĢ分かりぞした。そぎ感čĻšã¯įĨžæ§˜ãŒæ•™ãˆãĻくれたįœŸį†ã ã¨æ€ã„ぞす。
そしãĻ、ごめんさãĒいというéĸ¨ãĢ、æļ™ã‚’æĩã—ãĻ悔い攚めたぎです。
そしたら、とãĻもすãŖきりしぞした。これはいãŖたいäŊ•ãĒんだろうと思いぞした。

そしãĻéƒ¨åą‹ã‚’ã§ãĻčŒļぎ間ãĢčĄŒããžã—ãŸã€‚

これがį§ã¨ä¸ģとぎ最初ぎå‡ēäŧšã„です。

įĨžãŽã€į›ŽãĢčĻ‹ãˆãĒい性čŗĒ、すãĒã‚ãĄįĨžãŽæ°¸é ãŽåŠ›ã¨įĨžæ€§ã¯ã€ä¸–į•ŒãŒå‰ĩ造されたときからčĸĢ造į‰Šã‚’通しãĻįŸĨられ、はãŖきりとčĒã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§â€Ļロãƒŧマ1:20
ã‚¤ã‚¨ã‚šã¯č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€ŒäŋĄã˜ã‚‹ãĒらįĨžãŽæ „光をčĻ‹ã‚‹ã€ã¨ã‚ãĒたãĢ言ãŖたではありぞせんか。」ヨハネ11:40
į§ã¯åēĻ々こぎå‡ēæĨäē‹ã‚’思いå‡ēした。
こぎ力がãĒければį§ã¯ã¨ã†ãŽæ˜”ãĢæ­ģんでいたãĢ違いãĒい。