佐々木満男弁護士(みっちゃん)アメリカ大統領選挙について

1 本当はどうなんだろうか?

 「往生際が悪い」「悪あがきしている」

無罪を主張し続けている刑事被告人に対し、マスコミがこぞって彼を有罪と断定浴びせる言葉である。でも判決では無罪を宣告されることが良くある。事件の捜査にタッチした警察や刑事裁判を追行した検察ならともかく、他者から入手した情報だけで判断して、被告人を断罪し罵倒するマスメディアの責任は重いと思うマスメディアの本来の使命は(本当のこと)を追及してそれを人々に知らしめることではないだろうか。

2020年11月3日にアメリカ大統領選挙が行われた。今回の選挙で誰が大統領に当選するかは、アメリカの将来だけでなく、今後の日本を含む世界の政治、経済、社会に非常に大きな影響を及ぼすため、選挙のかなり前から真剣に祈ってきた。

開票の結果、日米のマスメディアはこぞって、トランプ氏に対してバイデン氏投票数で圧勝、同氏が次期大統領当選したと、あたかも既成事実のように報道している。しかし、開票中から、選挙に関する驚くべき不正行為の数々明らかにされきた。マスメディアはそれらを無視して、ほとんど報道しないばかりか、往生際が悪い」とか「悪あがきをして民主主義を破壊している」と、不正選挙を主張して敗北を認めないトランプ氏に対して厳しい批判浴びせている。

だが、「トランプを徹底的に貶めろ!バイデンを持ち上げて、不利な事実は一切報道するな!」という大手報道機関CNN(Cable News Network編集会議の録音データがネット上に公開されCNNは大統領選挙については真実を公正に報道する機関ではなく、バイデンを当選させるためのプロパガンダ(宣伝)機関にすぎないことが暴露された。残念ながら、他ののマスメディアの実体もまったく同じではなかろうか。

2 巨大な暗闇が明るみに

万物の創造主によって造られた神の子である人間には、真(本当のこと)を知りたいという本能がある。サタンは真隠蔽し、虚偽によって神の子を破滅へと誘導しているのである。

私は今回の大統領選挙について、「何が本当なのか?」に強関心を抱き、「暗闇に隠されている真実が明らかにされますように!」と祈りつつ、マスメディアに報道されていないネット情報等を、毎日のように追ってきた。そして、次第に、あくまでも自分なりの見解ではあるが、とんでもない真実の全貌が見えてきた。

それを一言でまとめると、唯物論共産独裁主義/グローバリズム」対「キリスト教/有神論的民主主義の戦いであると言うことができると思う

大掛かりな選挙違反は、年月をかけて組織的に準備され巧妙かつ広範囲行われてきた。特に多くので使用されたドミニオン社製の投票機に外部からアクセスしてトランプ氏の得票数を少なくしバイデン氏得票数を多くする操作が行われていた。このドミニオン投票機の製作、所有、採用、使用、資金提供等については民主党政治家だけでなく、CIA、グローバリストのジョージ・ソロス及び中国共産党関与てい事実もクローズアップされてきた。

これらは、アメリカの州法違反、連邦憲法違反のみならず国家反逆罪の問題にまで発展しつつある。そして、最悪事態として、アメリカ国内における内乱勃発、対外的には米中戦争突入の可能性までも予想されている。

「覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはありません」

ルカ12:2

ささき みつお(弁護士)

佐々木満男弁護士ー福音とは何かー

1 福音とは何か!
ある大きな伝道集会の講師として招かれた時のことである。多忙のため全く準備ができなかった上に、集会の前の晩は仕事で徹夜になってしまった。ぼ~っとした頭で会場に出向く。私の話を聴くために、数百名の参加者がぞろぞろと入場している。でも、話のテーマも決まっていない。「いったい何を話したら良いのか、、、」
たまたま開会前に講師控室で一人で祈る時間が与えられた。必死に祈っていると、「伝道集会だから、『福音』について語ろう」という思いになった。「そもそも、『福音』とは何か?」。クリスチャンにとっては日常用語であっても、未信者の方々にとってはピンとこないのではないか。
スマホで「福音」を検索した。福音とは、新約聖書の原語のギリシャ語では、 euangelion (ユーバンゲリオン:良い知らせ)である。どれほど良い知らせなのかというと、ローマ軍が戦争で勝利したその知らせを持って早馬で駆け付けた伝令が、ローマ皇帝にそれを伝えた途端に力尽きて死んでしまう、「死んでも良いから伝えたい!」、「死んでも伝えなければならない!」、それほどの、最高の良い知らせなのである。
では、聖書の「良い知らせ」とは何か?もちろん、「キリストの十字架の死と、その3日後の復活によって、神に対する人の罪が赦され、永遠の命を持つ神の子になれるんだ!」という知らせである。

2 史上最大のグッドニュース
そう考えた瞬間に、そうだ、福音は、「私の人生の最大のグッドニュースだ!」「人類の史上最大のグッドニュースだ!」とひらめいた。
「皆さん、今日は福音を伝えに来ました。福音とは何でしょうか?福音とは読んで字のごとく、『良い知らせ』すなわち『グッドニュース』です!」と講壇に立って話し始めたら、私の内側に聖霊が火のように燃え上がった。
「それでは、聖書の福音とは何でしょうか?聖書の福音とは、私の人生の最大のグッドニュースです!人類の史上最大のグッドニュースです!」と叫んでいた。お腹の底から喜びが湧き起こり、興奮して無我夢中で話し続けた。十分の一も話さないうちに60分の制限時間が過ぎてしまった。
「皆さん、非常に残念ですが、私の話はここで打ち切りです。もし話の続きをお知りになりたかったら、会場の外で販売されている私の本を買って読んでください!」と締めくくった。驚いたことに、閉会後、本を買うために長蛇の列ができ、用意された100冊近くが、あっという間に完売になった。私の内で福音が爆発したのだ。「この福音を語ったら、もう本望だ、もう死んでもいい!」。そういう爆発的な思いで語っていたのだった。 

2 福音は大爆発だ!
「芸術は爆発だ!」と岡本太郎は言った。「全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。それが爆発だ。人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。いのちの本当のあり方だ」という。(「自分の中に毒を持て」(青春文庫)より)
ならば、私は、「福音は大爆発だ!」と言いたい。福音を信じ受け入れるなら、その人の内側に大爆発が起きる。それによって、自分で生きよう生きようともがいていた古い人は死んでしまう。その代わりに、神の永遠の命にあふれて生き生きと生きる新しい人(神の子)が誕生する。その最大の象徴が、キリストの十字架の死と復活である。この福音によって、「それを信じ受け入れた人は一瞬にして神の子になる」という大爆発が、日本中に、世界中に広がっているのである。