[ 証し ]

新島襄🇯🇵

『私は10年ほど前、アメリカの東部で行われたシンポジウムに参加しました。その時、キリスト教のリベラルアーツカレッジである小さな私立の学校、アマーストAmherstと言う学校を案内してもらいました。

 

新島襄が留学したところです。

 

学部長に案内してもらっているときに

「プロフェッサー・ニシ、教会を見ますか?」

 

と言われたので

「仏教か?」なんて冗談を言いながら見せてもらった。

 

古い小さな教会でした。

そこに小さな舞台があり左側には創立者の肖像画、右側に新島襄の肖像画がかけてある。びっくりするでしょう。

 

それを私が指差すと、「プロフェッサー・ニシ、この新島襄の肖像画は第二次世界大戦の時も外されませんでした」

 

そう言われました。

偉大なり。

 

ああいう男たち、ああ女たちを次から次へと敗死させたのがこの国です。

 

明治維新に一生懸命になった男たちは、バタバタと死んでいきました。暗殺で死に、結核で死に、ああ惜しいことをした。

 

維新を成し遂げた後も、彼らは延々と暗殺されていく。お互いに殺し合います。西郷隆盛も殺し合いで負けた。もう全員やられてしまう。

私は坂本龍馬も、結核で死んだ高杉晋作も好きです。

 

ただ、もう神話はつくられないほうがよい。いや、本当の姿を言ったほうがはるかに感動します。美しい話ばかり言うより、よほど感動がある。

 

〜『新説・明治維新』西鋭夫、第四章、美学の国・ニッポンより〜

 

下の写真はアマーストカレッジのホームページより


「私たちが真実を追求しようとすると、都合の悪い事柄にいっぱい出会います。

しかし、真実を知らないと、その上に作った建物はガラガラと崩れてしまう。」

〜第三章明治維新に隠された「謎」より〜

 

 

 

👆私は上記の第三章の結びの言葉にも深く共感した。
これは主イエスのマタイの福音書の御言葉を連想する。

それと同時に、我々の語る「証し」、

「個人の人生」にも同じことが言えそうだ。