[ david ]

サタンとは左端とかくかも知れない

要するに、サタンとは「左端」と書くのかもしれない。

人間は左巻きになって、最後はストンと端から落ちる。

 

 

 

今もなおその状態が続く。

クリスチャンも例外ではない。

 

戦後のクリスチャンの先輩方は、ほとんど漏れなく共産主義の側に立っていた。今なおそうである。

この幻覚から目覚めるには、テレビや新聞記事に信頼をおいていてはかなり困難であろう。

 

 

 

佐々木先生であれ、吉積先生であれ、かつてはみんな左派だった。

(GHQによる洗脳政策。朝日新聞、NHKなどのメディアの影響が強い。いわゆる学校教育もそうだ。

だから国民のほとんどが左派よりだった。とんでもないことである、、、)

 

 

しかし、ある時から「目覚めた」という。

 

 

主要なキリスト教団体は今もなお、愚かしいことをしている。

学術問題にしても、慰安婦問題にしても、いつも国を貶める。憲法9条を死守しようと躍起になっている。知ってか知らずか共産党側に加担している。

 

 

 

事実を知れば、どれほど間違っているか気が付く。

木が良ければ実も良い。実が悪ければ木が悪い。現状、情報(事実)は自分で探さないと見つけられないのだ。

 

 

 

昨年からたくさん考えた。

 

日本キリスト教団の手束先生の本『日本宣教の突破口』は私が目覚めるきっかけともなった。(手束先生は日基ではペンテコステ派で異色の方)

そして、今年、藤井厳喜師の「ワールドフォーキャスト」

さらにフーバー研究所の西鋭夫師によるフーバーダイジェスト

 

世界の歴史、日本の歴史、国際情勢がよくわかってきた。

福音の真理と共に、こうした事実を基に土台をしっかり据えること。

これによって前に進むことができる。

 

 

私たちは福音の真理はおろか、歴史(事実)という土台も間違っていた。

※福音は知っていても、現代は「適用」でカルト化してしまう。

 

 

木が良くなれば、きっと結ばれる実もよくなるだろう。

 

現状、今は戦時中である。お気づきだろうか。

 

トランプ側が勝利することが、目下天王山である。人道か弾圧か。

自由か支配か。

 

ウイグル、モンゴル、チベット、香港の弾圧

そして要の台湾、、、。

拉致被害者の帰還。

 

 

 

私たちは「戦い」を忘れてはならない。

「万軍の主」よ。