先日、本当に苦しかった時、悲しかった時、

夜に3人のキリストにある友人が駆けつけてくれた。どんなに服を着ても温まれない感覚と死の想いが迫る。…久しぶりに感じた。

・令和版ふうてんの寅さん

・燃えすぎているリバイバル兄弟

・superセレブのマグダラのマリア

心で泣いた。

とらさんは、予定をキャンセルして職場の最寄り駅まで来てくれた。

死の悲しみを共有してくれた。彼は私の過去をよく知る人。〜それだけで話せる人がいるのは有り難いことだと思う。

過去を語り、未来を語った。

私には分かる。

狭い意味でも広い意味でも私が生きるには、燃え続けることしか道がないことを…。

燃えなければ、私はどの道、死しかない。

社会的にも信仰的にも、あらゆる意味で死しかない。

 

 

 

燃え続けることは、大変難しい。

その火自体、神からしかこない。火のようなものでは、力はない。

本当の神からの火、それしか私は自分を生かせないし、人々も真に生かせない。

今でもそれなりのことはできるんです。でも、それじゃ、じり貧なんです。そして死なのです。

 

 

夜、4人で集まる前に、私ととらさんでファミレスに行った。

彼は何を思ったか順番待ちの欄にこう書いた。

〝フリーザ〟って。

「えっ!?この場合どっちがフリーザなの?」「どちらかというと私は悟空かな」

…やがて呼ばれた。

ウェイター「4名様でお越しのフリーザ様!」(←このウェイター、good job)

周りの人は笑っていた。

会計は53万ではなかった。

終わり。