「三日間だけでも目が見えたら」
1 三日間、目が見えたら
「目が見えない、耳が聞こえない、口が話せない」。生涯にわたって三重苦を負いつつ生き抜いたヘレン・ケラー。「三日間だけでも目が見えたら」というエッセイには、要約すると、次のように彼女の心からの願いが書かれている。
第一日目。まず初めに、ずっと狭い家に閉じこもっていた私を広い外の世界に連れ出てくださった家庭教師のアン・サリバン先生とお会いしたい。いままで指先だけで触っていた彼女のいつくしみ深いお顔と、麗しいお姿を何時間もじっと眺めながら、それを心の奥深くに刻み込みます。次に、親切にしてくれた友人たちにお会いします。そして、家に帰っていろいろな本や壁の飾りを見ます。また、森に散歩に出かけ、自然の美しさに我を忘れるほど圧倒されます。夕方にはまぶしく輝く夕焼けを見て祈ります。

第二日目。夜明けとともに起きて、燦然と輝く太陽が眠っている大地の目を覚す壮大なパノラマを見ます。午前は、ニューヨーク自然歴史博物館を見学し神の天地創造から現代に至るまでの地球の歴史を一望します。午後は、メトロポリタン美術館を訪問し歴史上の偉大な芸術家の絵画や彫刻の数々をしみじみと観賞します。夕方は、劇場か映画館に行きます。そこで素晴らしい演劇かドラマを観ます。夜になると、宝石のように美しくちりばめられた星空を眺めます。 

 第三日目。朝早く静かな郊外にある我が家を車で出て、近くの木や花に囲まれた家々の芝生に戯れる子供たちを見ながら、さまざまな活動や仕事で活気あふれる市街に向かいます。そこで人々の喜び、笑い、悲しみ、苦悩といった表情を見て、それぞれに共感します。婦人たちのカラフルなドレスや服装を時間が過ぎるのも忘れて眺めます。ショーウィンドに並べられているきれいな品物を見て歩くのに夢中になります。最後の晩は、もう一度劇場に行き、面白い喜劇を見て楽しみます。
ヘレン・ケラーのこの切なる願いはかなえられなかった。けれども、肉の目が見えなくても、肉の耳が聞こえなくても、肉の口が話せなくても、彼女は、霊の目で見、霊の耳で聞き、霊の口で話すことができた。いつも天国への明るい希望にあふれていた。

2 三日間、目が不自由になったら
ある時、自転車に乗っていたら、急に強い風が吹いてきて両眼に埃がたくさん入ってしまった。あまりの痛さに目を開けることもできず、路上に自転車を置いてタクシーで家に帰った。その日は涙が止まらず寝込んでしまった。知り合いの眼科医に電話で聞いたら、埃が入ったまま目をこすり角膜を傷つけて炎症が起きているのだろうとのことだった。
次の日に起きたら、痛みは少し和らいだが、大量の目やにで瞼がくっついてしまい開けることができない。ようやく目やにを取って目が開いたら、世界が真っ白になっている。外出しても交差点の信号の色も区別がつかない。まったくの白銀の世界である。このまま目が白濁して治らなかったらどうしようかと大きな恐怖に襲われた。
3日目になっても目は白濁したままだった。裁判のために法廷に出ても、裁判官の顔がはっきり見えない。書類もよく読めない。これでは仕事ができない。私は癒されるように必死に祈り続けた。
4日目から正常に戻り始めたが、完治するまでに2週間かかった。以後、目が見えることに心から感謝するようになった。
ささき みつお(弁護士)